会話が弾むと心もにっこり。

私たちは、会話の中で無意識に心の声を相手に届けたいと願っています。

それは、自分を理解してもらい、
承認を得ることで、心の中に小さな喜びが得られるからです。

承認は私たちの心を育てる土壌の一つ(マズローによる)。

でも、大切なのは相手にもその喜びを分け与えること。

自分の話をする時も、

相手が心地よく感じるようなバランスを見つけてみることです。

話すは心を繋ぎます

会話は、心を繋ぐ話す旅のようなもの。

自分の話に没頭するあまり、

相手の声に耳を傾けることを
忘れないように
相手の興味や話に
耳を傾けてみてください。

共感の力から小さな共有が
生まれてきます。

日々の小さな出来事を話題にする
ことが、

お互いの心をふんわりと
軽くしてくれます。

共に笑い、共に感じることが、
心を通わせる秘訣です。

その心を動かす会話の3つのコツ

□「相手の話に心から耳を傾けることで、深い信頼が生まれます」

□「ふとした共感が、心の距離をぐっと近づけます」

□「相手が心を開いて話しやすいように興味を示す」

会話は心の架け橋となります。

会話はただの言葉のやり取りではなく、

心と心をつなぐ架け橋です。

会話の中で自分の思いを伝えたい、

相手の注意を引きたいというのは、

人間として自然な欲求です。

相手の話をしっかり聞いて、
「へぇ〜、そうなんだ」って
共感するだけでも
話しやすくなる雰囲気ができます。

自分の心を素直に伝え、

相手の声にも耳を傾けることで、

会話のひと時が

自然な微笑みから

心を繋いでくれます。

Yuichi