今日は、日常生活でのコミュニケーション、

特に「はっきり返事をする」っていうことについて、お話していきます。

友だちからLINEが来たり、

家族から「今日の夕飯、何がいい?」って聞かれたりすることは
よくありますよね。

こういう時、どう返事していますか?

「うーん、なんでもいいよ」って返すと

案外、物事が進まなかったりしません?

相手も

「うーん」って返す人もいれば

「決めて」って少しイラつきながら返す人、様々です。

ここで大事なのは、
「はい」か「いいえ」で、

サクッと返事をすること。

たとえば、「今日はパスタが食べたい!」ってはっきり言えば、

相手も動きやすい。

そして、美味しいパスタ作って待ってるね(^_-)-☆になってきます・・

返事を早くするっていうのもポイントです。

相手は、あなたの返事を待ってるわけですから

早ければ早いほど、

相手も計画を立てやすくなるんです。

でも、日本人って、

相手に気を使いすぎて、

自分の意見を言いにくいっていうか、

ハッキリ「いいえ」って言えないことが多いんですよね。

でも、考えてみてください。

はっきりと「はい」や「いいえ」と言えることは、

自分の意思を大切にすることを意味しています。

自分の時間や気持ちを守りながら、

あいまいな返事よりも、

「今日はちょっと…」ってハッキリ言った方が、

結局、お互いのためになるんです。

これ、仕事でもプライベートでも同じ。

はっきりと意見を言うっていうのは、

自分の意思を大切にするってことだし、

相手の時間も大切にしているんです。

何に対しても「なんでもいい」じゃなくて、

「これがいいな」とか「こっちの方がやりやすいな」という感じで、

自分の中でしっかり考えを持つんです。

それが、はっきりと意見を言える第一歩です。

「いいえ」と言うのが難しい人は、

まずは小さなことから練習してみてください。

曖昧な返事よりも

「今回は難しいけれど、また別の機会にしよう」

とはっきり伝える方が

結局はお互いのためになります。

これだけで、相手は安心します。

それが、お互いの理解を深めていきます。

みなさん、コミュニケーション、すっきりさせていきましょう。

Yuichi